• ホーム
  • ジスロマックはクラミジアか否かで飲み方が変わる

ジスロマックはクラミジアか否かで飲み方が変わる

薬を飲む男性

ジスロマックに含まれる有効成分は血中に長期間とどまることで、服用後も1週間にわたり効果を発揮します。ジスロマックはクラミジア感染症以外にも、さまざまな感染症の治療効果があります。たとえば、副鼻腔炎・マイコプラズマ肺炎や歯周病の治療に用いられます。歯科治療で抜歯した後に感染症による炎症を抑える目的で、ジスロマックが処方されるケースもあります。ジスロマックはさまざまな種類の細菌感染症治療に用いられますが、細菌の種類によって飲み方が違うので注意が必要です。ジスロマックやアジスロマイシンが含まれるジェネリック医薬品を飲む場合には、1錠あたりに配合されている有効成分の量を確認することが大切です。1錠あたりに含まれる有効成分(アジスロマイシン)の量は製品ごとに異なり、250mg錠と500mg錠の2種類があります。飲む量を間違えると治療効果が現れなかったり、強い副作用が出る恐れがあるので注意が必要です。

クラミジア感染症の場合には、有効成分(アジスロマイシン)が1,000mg分に相当する量を1回で飲みきる方法が一般的です。250mg錠であれば4錠を、500mg錠であれば2錠を1度に服用します。最初に1回服用するだけで、1週間にわたり体内で殺菌効果を発揮します。

歯周病・副鼻腔炎・マイコプラズマ肺炎の治療に用いる場合には、3日間に分けて飲みます。この時に1回に飲むのは、有効成分が500mg分に相当する量です。たとえば有効成分が1錠あたり250mgであれば、決まった時間に1日1回だけ2錠を飲むことになります。500mg錠であれば、1日あたり1錠を同じ時間に飲みます。基本的にクラミジア感染症の場合は有効成分1,000mgを1回で服用しますが、胃腸が弱い人は下痢を起こしてしまう場合があります。胃腸が弱い方の場合には消化器への刺激を抑えるために、歯周病や肺炎の治療と同じように1日あたり有効成分が500mg分を3日間にわたり飲みつづけることができます。

細菌感染症治療の際は、感染している病原体の種類ごとに飲み方が違うので注意しましょう。通販サイトで購入して自分で飲む場合には、細菌感染症の種類と錠剤に含まれる有効成分の量をきちんと確認することが大切です。ジスロマックを飲むのは、1日または3日間だけですが、1週間にわたり殺菌効果を発揮しつづけます。この間に下痢などの副作用が出る恐れがあるので、整腸剤を併用するようにしましょう。